医療脱毛の効果について

医療脱毛は、エステサロンの脱毛施術よりも効果が高いと言われています。

医療脱毛で使われるレーザーは、毛の黒色を感知し、皮下の毛の色である黒いメラニン色素に対して集中的に熱を加えることで、組織を破壊する仕組みです。そのため、表皮やその周辺の細胞を傷つけることなく毛の生み出す組織である毛母細胞を破壊し、毛の再生を遅らせたり、再生できなくすることができます。医療脱毛は、毛の生える周期に合わせて施術を受けることになります。毛には、発育期、退行期、休止期という毛周期があります。休止期の毛にはレーザーの効果が期待できなく、部位によって毛周期は異なるため、脱毛完了までには、数ヶ月から1年以上かかることがあります。

ワキやひざ下、ひざ上などの脱毛に適した部位での施術では、まったく毛が減らなかったという人はほとんどいませんが、自分で毛を抜いたなどの原因により毛穴が変形していると1年以上脱毛の施術を受けていても毛が残っている場合もあります。また、同じ部位でも生えてから時間の経った太く濃い毛の方が脱毛効果が高く得られやすいとされ、反対に産毛や白髪、栗毛などのメラニン色素の少ない毛では、レーザーを照射しても十分に熱を加えることができないため、効果が期待できないとされています。皮膚の状態によっても効果が異なります。皮膚が乾燥していると脱毛の効果が得られにくくヤケドをしやすくなります。そのため、施術の前後には肌を保湿しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *