過払いの発生する金融業者とは

  • 自己破産や民事再生と過払い請求

    • 自己破産や民事再生など、法的な債務整理を行うことによって過払い金を回収できなくなるのではないかと不安を持つ人もいます。

      お手軽なアコムの過払い金を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

      結論的に言えば、法的な債務整理を行っていたとしても、それとは関係なく返還請求はできますし、返還してもらえるケースもあります。


      そもそも自己破産や民事再生と過払いとは、別のものです。



      自己破産や民事再生は、それぞれが法律によって定められている手続きで、借り入れによって経済的な自立ができない人のための制度です。これに対して、過払いのもととなっている法律は利息制限法です。

      利息制限法は融資する業者側を規制する法律であるという点に注意が必要です。融資をする業者が守らなければならない法律です。

      それを弁護士や司法書士に依頼しているにすぎません。
      ですから、別の手続きです。

      別の手続きであっても、同時に進めていくことは可能です。

      もしも過払いが発生しているのであれば、自己破産や民事再生の手続きを行っていたとしても、それは請求するべきことでしょう。自己破産や民事再生などの手続きは、弁護士に依頼することが多いです。



      弁護士に依頼すれば並行し手続きを進めてくれる可能性は高いです。

      ですから、自己破産や民事再生を行おうと思っている場合、貸金業者からの借り入れがあって過払いがある可能性があるのなら、その旨を弁護士に伝えておくのは良い方法だと考えられます。

      その時の手続きに応じて手続きを進めてくれるでしょう。