過払いの発生する金融業者とは

  • グレーゾーン金利の撤廃と過払いの請求

    • グレーゾーン金利は少し前に撤廃されました。

      出資法の上限金利が29.2%から20%にまで引き下げられましたから、現在のところはグレーゾーン金利で融資をする業者もないでしょう。今後、新たに借り入れをすることによって過払い金が発生する可能性は低いと考えられます。かつては多くの貸金業者がグレーゾーン金利で融資を行っていましたが、現在は法的なリスクが大きいということもあって、普通の貸金業者ならグレーゾーン金利で融資を行うことは基本的にはないと考えておいたほうが良いでしょう。

      アコムの過払い金の人気度が上昇しています。

      グレーゾーン金利が撤廃されたのは2006年ごろです。

      この時期よりも前に借り入れをしていたことのある人なら、過払いが発生している可能性はあります。
      かなり前のことですからもう覚えていないという人がいらっしゃるかもしれません。

      しかし、もしも発生しているのなら取り戻すことができる可能性はあります。



      どれくらい借りたのか、あるいはいくらの金利で借りたのかを覚えていない場合であっても、業者の名前がわかればなんとか過払いの返還をさせられるケースも多いです。


      というのも、取引の履歴については業者側が開示しなければならないことになっているからです。
      ただ、どこから借りたのかがわからないような状態であれば、開示請求の使用もありません。

      とはいっても、たいていはどの会社から借りたのかくらいは覚えているでしょう。

      社名がわかればなんとかなるケースもありますから、相談してみましょう。